危篤や臨終の連絡を受けたらどうする?訃報を受けてから葬儀・法要までの流れ

親戚や特に親しい友人の危篤、死亡の連絡を受けたら、落ち着いてどこに向かえばいいかを確認して、できるだけ早く駆けつけましょう。

頼まれれば知人や友人の連絡係を引き受けるなど、手助けをしましょう。

不幸の知らせを受けたら、まずは何をすればよいのか、その後にすべきことは何か、把握しておきましょう。

①訃報を受けたら

危篤を知らされたらすぐに駆けつける

危篤の連絡を受けるのは、息のあるうちに会いたい、会ってほしいという本人や家族の願いからです。
つまり、特に親しい間柄でしょう。
連絡を受けたら、どこに向かえばよいか駆けつける場所や親族の連絡先を聞いて、できるだけ早く駆けつけましょう。

突然危篤の知らせを聞くと、いろいろ気になることもあるでしょう。
しかし、知らせを受けた人以上に家族の気持ちは心穏やかではありません。
連絡を受けた時や対面した直後に病状などを尋ねるのは控えましょう。

対面後は、長居せずにその場を辞しましょう。

遠方の場合

遠方の場合には、切符や宿泊先をできるだけ早く準備して、駆けつけるようにします。

また、危篤の場合には、万一に備えて喪服を持参します。
ただし、家族の目にふれないようにコインロッカーに預けるなどの配慮はしましょう。

対面には、地味な平服で行きましょう。

訃報を受けたら通夜・葬儀の日程と場所を確認する

訃報を受けたら、

  • 誰が、いつ、どこで亡くなったか
  • 故人が安置されている場所
  • 通夜、葬儀・告別式の日程と場所
  • 通夜、葬儀・告別式の宗教・宗派
  • 次に伝える人がいるかどうか

を確認しましょう。

この時、故人の死因などを聞くのはNGです。
多くの質問は遺族の負担となってしまいます。
質問は最低限にとどめましょう。

ご臨終を人づてに聞いた場合には、お通夜や告別式の詳細を遺族に直接聞くのは控えましょう。
遺族はとりこんでいることがあるためです。
臨終を教えてもらった方に詳細を聞きましょう。

親しい間柄なら自宅へ弔問する

故人が近親者や親しい友人などであれば、可能な限りすぐに弔問します。
安置されている自宅などは、葬儀の準備に追われていますから、そこに駆けつけるのは親族などの近親者だけです。

このときは、喪服ではなく、地味な平服で弔問します。
お通夜前は祭壇もなく、遺族も喪服に着替えていない場合があるので、弔問は地味な平服にします。
アクセサリーは外して、メイクも薄化粧に直すなどその場にふさわしい装いをしましょう。

お通夜の前に弔問をする場合には、遺族は忙しいので、事前に都合を確認します。
何か持参するなら、お茶菓子や差し入れの軽食などもよいでしょう。

遺族には、「このたびは、突然のことで…」などと短くお悔やみの言葉を述べます。
死因や経緯などは、遺族が説明しない限り尋ねないようにしましょう。

自宅へ弔問するほど、親しい間柄でない場合には、通夜、葬儀・告別式のどちらか、または両方への参列を検討します。

ただ、隣近所ならすぐに出向いてお悔やみを述べるのがマナーです。

もし、出張中や単身赴任中の人へ連絡が届いた場合には、葬儀に参列できるかどうかを本人と相談しましょう。
その人の代理で参列する必要があれば、その準備をします。

故人と対面時のマナー

遺族から、ひと目会って下さいと故人との対面をすすめられたら、「では、お別れさせていただきます」と謹んで受けましょう。
ただし、自分から「会わせてほしい」と申し出るのはマナー違反です。

遺族が顔にかけられている白布をはずしてくれるのを待って、対面したら深く一礼して合掌します。
「おだやかなお顔ですね」などのいたわりの言葉を述べて、一礼して下がりましょう。

訃報を知らせるべき人がいれば連絡する

訃報を受けたら、他の人にも連絡すべきなのでしょうか?

この場合、自己判断ではなく、「どなたか連絡すべき人はいますか?」と遺族に聞いてから他の人へ連絡をしましょう。

個人の意思で訃報を広めたくなかったり、遺族の意向で葬儀の規模を小さくしたかったりするなどの都合があるためです。

3分でわかる!家族葬とは?家族葬の費用やマナー、参列時の注意点について解説!

たとえ、故人や遺族のためと思っても、勝手に連絡をしてはいけません。

残された遺族は葬儀の手配や弔問客への対応など、さまざまなことに追われていますので、近親者であれば率先して何か手伝いを申し出るのが思いやりでしょう。

しかし、何か手伝う場合には、必ず遺族の指示にしたがいましょう。

また、故人や遺族とそれほど親しくないような場合には、あまり立ち入らないように気をつけましょう。

弔問にいけない場合は弔電、香典、供物、供花などを必要に応じて手配する

3分でわかる供花とは?供物とは?読み方や相場、手配方法などについて解説

訃報を受けても、仕事や家庭の事情、あるいは遠方のために会葬できないこともあります。
お付き合いの程度によって、香典と弔意を届ける方法はいろいろ考えられます。

ごく親しい場合

  • 代理の人(配偶者など)に代わりに参列してもらう
  • 弔電や手紙、供花、供物でとりあえず弔意を伝えて、後日、自宅にお参りする

その他の場合

  • 会葬できる人に香典を託す
  • お悔やみの手紙とともに香典を郵送する

できれば直接手渡すのがマナーですが、遠方などで都合がつかない場合は、不祝儀袋を書留封筒に入れて、現金書留で送ります。
ただし、郵送する場合には、不祝儀袋だけを送るのは失礼です。
お悔やみの気持ちと、葬儀に参列できないお詫びを綴った手紙を同封します。

香典を郵送する際に、故人の名前しかわからない場合には、故人の名前の横にご遺族様、ご家族様と書くようにします。

そもそも香典とは?

香典とは、亡くなった方に備えるの代金のことです。
昔は亡くなった方に供える香そのものを持参したのですが、遺族が用意するようになったため、その代金として現金を包んで持参し、お供えするようになったものです。

香典が間に合わないので生花を送ってもいい?

香典を送っても間に合わないので、生花をあげようと考える人もいるかもしれませんが、式場に飾る供花は親戚など近しい方が準備するので、香典のほうがよいでしょう。
香典が葬式に間に合わないこと自体は失礼ではありません。
後日、お悔やみの手紙を添えて、自宅あてに送るとよいでしょう。

香典や供物、供花を辞退しているケースもある

家族葬など小規模葬儀では、香典や供花、供物を辞退している場合もあるので、事前に喪家側に確認しましょう。
もし、辞退しているか不明な場合に、自宅にうかがう場合には香典を準備してまずはうかがいましょう。
そして、その場でお断りがあれば持ち帰ればよいでしょう。

②参列の準備

数珠、香典、不祝儀袋を包むふくさの用意をする

3分でわかる!香典の相場、金額の書き方など知っておきたい香典マナー

必要があれば弔電、供物、供花の手配をする

弔問の服装の準備をする

3分でわかる!通夜、葬儀・告別式の服装はどうする?喪服のマナーのまとめ

通夜と告別式のどちらに行くべき?

3分でわかる!通夜と葬儀・告別式の出席・参列はどちらかで大丈夫?通夜と葬儀・告別式の違い

③通夜

通夜の一般的な流れ

入場

喪主、遺族、親族ほか、参列者が入場し、着席します。

僧侶入場

一同で僧侶を迎えます。

読経

僧侶の読経です。

焼香

喪主、遺族、親族以下、故人と進行の深い順に焼香をします。
友人、知人は席順または到着順に焼香し、喪主と遺族は目礼を返します。

僧侶の法話

故人をしのぶ仏教の話を聞きます。
しない場合もあります。

僧侶退出

一同で僧侶を送ります。

喪主の挨拶

弔問のお礼と通夜振る舞いの案内をします。

通夜振る舞い

故人をしのびながらの会食です。
僧侶や弔問客をもてなします。

受付で香典を渡す

3分で分かる!お通夜の受付での挨拶や言葉遣い、マナーについて解説!

数珠を持ち、焼香を行う

通夜では焼香を行います。

1分でわかる!焼香のマナー・作法、やり方を知ろう!

親しい間柄なら通夜振る舞いを受ける

飲食を行う通夜振る舞いの席に誘われたら、遠慮せずに席につきますが、笑い声を立てたり、お酒の度を越したりすることはせず、静かに故人を偲びましょう。

3分でわかる!通夜の食事、通夜振る舞い(通夜ぶるまい)の作法とマナー

④葬儀・告別式

通夜に参列していない場合は受付で香典を渡す

通夜は正式な儀式ではないので、一般会葬者は、葬儀・告別式に参列するのが本来の形です。
しかし、最近は、時間の都合がつきやすい通夜だけ参列して、葬儀・告別式には行かないという人が増えています。
故人との関係にもよりますが、時間が許すなら、葬儀・告別式には参列しましょう。
もちろん両方に参列しても構いません。

数珠を持ち、焼香を行う

葬儀・告別式でも焼香を行います。

1分でわかる!焼香のマナー・作法、やり方を知ろう!

火葬場に同行しないときは、出棺を見送ってから見送る

式が終わると出棺です。

1分でわかる出棺時のマナー!喪主の挨拶や参列者の服装について解説!

遺族や近親者による最後の対面があるので、一般会葬者は10分ほど外で待つことになります。
ただし、出棺まで見送るのが故人や遺族に対する礼儀です。

霊柩車が動き出したら合掌し、頭を下げて見送りましょう。
その後は、静かに退出します。

⑤火葬・遺骨迎え

火葬場に同行し、終了後は骨上げを行う

自宅か斎場に戻り、還骨法要と精進落としに参列する

還骨法要(還骨回向・還骨勤行)について知っておこう!

3分でわかる!葬儀の手続きと臨終から葬儀・告別式までの流れ

⑥法要

案内を受けたら御香料を持参して参列する

四十九日忌や一周忌などの法要は、遺族、近親者のほか親しい友人や知人を招いて行うことがあります。
法要に限らず、冠婚葬祭の招待を受けたら、出席するのが原則です。
旅行の予定があるや、仕事が忙しいなどの理由で結成するのは失礼なことです。
いずれにせよ、先方の都合もあるので、なるべく早めに出欠を伝えましょう。

法要の服装マナー

一周忌までは、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルなど、葬儀の際と同じ格式の装いにします。
三回忌以降は、喪服ではなく、地味な平服で差し支えありません。
回忌を問わず、案内状に平服でとあるときも地味な平服にします。
平服は、礼服でなくてもよいという意味で、カジュアルウェアでOKという意味ではありません。

供物または供物代として金封を持参する

表書きは、御仏前御供物料御香料が一般的です。
なお、浄土宗では、仏様に現金を差し上げるのはおかしいという考えから、現金を包む場合には、御仏前を用いないほうがよいとされています。
水引は、黒白か銀一色にします。

京都の文化の影響を受ける地域では、黄白の水引も使います。

金額は、食事をいただくことを考えて、1人1万円以上を包みます。
香典の半額を目安にするという考え方もあります。

欠席する場合は、手紙を添えて当日までに送るか、出席する人に託します。

やむを得ず欠席するときは御香料や供物を送る

香典や供物料を送りっぱなしにせず、必ず自筆のメッセージを添えましょう。
参列できない理由は、やむを得ない事情としても問題ありません。
旅行やゴルフなどの楽しげな理由はNGです。

法要に参列できないときのおわび状(例)

このたび、お父上の三回忌のご案内状をいただきました。

お父上の在りし日のお姿を思い出しながら、月日の経つのは早いものだと、本当に驚いております。

本来ならば、出席してお参りさせていただくところですが、あいにく家庭の事情でどうしても家をあけることができず、失礼させていただきます。

ささやかではございますが、同封のものをご仏前にお供えくださいますようお願いいたします。

お父上の面影を偲び、まずはお詫び申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする