3分でわかる!葬儀費用の相場・平均、お葬式にはいくらかかるの?

葬儀にかかる費用の相場

葬儀費用は、自家用車1台分に相当すると言われ、合計すると約150万~250万円が一応の目安となります。

お葬式に必要な費用は全国平均で、

  • 葬儀一式 … 122.2万円
  • 飲食・接待 … 33.9万円
  • 寺院 … 44.6万円

合計188.9万円となっています。

※有効回答数で算出のため合計額は不一致です
出典:日本消費者協会「第10回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」

さらに、この金額に加えて香典返しなどの費用もかかります。

過去の調査を見ると、
2006年(第8回調査)…231万円
2010年(第9回調査)…199.9万円
というふうになっていて、葬儀にかかる費用は年々下がってきています。

地域別の葬儀費用

地域別に見ると、関東や中部、近畿地方など、都市部の平均金額が比較的高い傾向にあります。
反対に、四国が最も低い結果になっています。

  • 北海道…平均金額161.7万円
  • 東北…平均金額170.0万円
  • 関東A(茨城・栃木・群馬・千葉)…平均金額236.7万円
  • 間東B(埼玉・東京・神奈川)…平均金額184.3万円
  • 中部A(新潟・富山・石川・福井)…平均金額199.7万円
  • 中部B(山梨・長野・岐阜・静岡・愛知…平均金額215.8万円
  • 近畿…平均金額210.5万円
  • 中国…平均金額153.6万円
  • 四国…平均金額134.3万円
  • 九州…平均金額194.0万円

葬儀にかかる費用の内訳

葬儀にかかる費用は次の5つが主な費用です。
これらのことをよく理解したうえで、必ず2社以上の葬儀社から見積もりをとるようにしましょう。

①通夜から告別式までの葬儀一式費用

葬儀一式、祭壇料など

葬儀業者へ支払う費用です。
具体的には、祭壇設営、棺や骨壷の用意、火葬料、霊柩車や火葬場へのマイクロバスの手配などにかかる費用などです。
これらのほかに、遠方から来る親族の宿泊代や飲食費などが雑費として追加されていきます。

もっとも負担額は大きく、葬儀に必要な費用の約50%を占める平均126.7万円です。
目安は、最低30万円~最高500万円です。

広告で「葬儀一式○○万円」という文字を見かけることがあるでしょう。
安いと思って依頼をすると、実際の支払いで3倍の額を請求されたなんていうトラブルもあります。
これは、この葬儀一式に含まれているのは、祭壇一式のレンタル料、棺、人件費などで、飲食費、返礼品代、霊柩車代などは含まれていないことが多いです。

葬儀一式費用の節約方法

まずは見積もりを取って、内容と金額を確認します。
特に金額を左右する祭壇一式と棺は、葬儀社の勧めるものよりワンランク下のものを選んでもあまり見劣りしません。
冷静に選びましょう。

葬儀費用の目安

項目 目安の金額 備考
白木祭壇 50万円~100万円 上限金額なし。花祭壇は3割増。
7万円~20万円 材質、仕様による
ドライアイス 8千円~1万円/日 処置料込み
枕飾り 1万円~3万円 安置の際に必要
遺影写真 3万円~4万円 四つ切り(飾り付けなし)
看板関係 2万円~4万円 大きさ・枚数による
受付関係備品 1万円~2万円 机、いす、文具など
司会進行 3万円~5万円 寺院打ち合わせなどを含む
手続き代行 1万円~3万円 役所への届出
お骨壷 1万円~3万円 火葬場で購入の場合もある
後飾り祭壇 1万円~3万円 枕飾り代用の場合も多い
人件費 5万円~10万円 別途必要になるケースもある

②通夜振る舞いなどの飲食接待費用

仕出し業者などへ支払う費用です。
葬儀に必要な費用の約20%を占める平均45.5万円です。
目安は、最低10万円~最高200万円です。

飲食接待費用の節約方法

飲食接待費用は人数や数量で価格が変わります。
葬儀を知らせる範囲を考慮して、人数をコントロールすることで節約が可能です。

飲食接待費用の目安

項目 目安の金額 備考
飲食接待費 3千円~5千円/人 通夜振る舞い、精進落とし

③寺院への費用(宗教関係費用)

お布施、お車代などです。

3分でわかる!お布施の相場は?お布施の表書きの書き方、封筒などについて解説!

1分でわかる!御車代・お車代の金額や表書きについて解説

お布施には定価がありません。
お気持ちを包むものなので、いちがいには言えませんが、平均相場を見ると葬儀に必要な費用の約22%を占める平均51.4万円です。
目安は、最低15万円~最高100万円です。

寺院への費用の節約方法

仏名をいただくお寺を間違えないようにしましょう。
仏名の費用が二重にかかることのないように菩提寺のあるお寺を調べておきましょう。

寺院への費用の目安

項目 目安の金額 備考
読経のみ 15万円~30万円(2日間) 都市部は高い傾向にある
仏名 信士・信女 15万円~25万円 一般的なランク
仏名 居士・大姉 35万円~50万円 上のランク
仏名 院号・院殿 80万円~100万円以上 普通はつけない
お車代(1日分) 1万円程度 送り迎えする場合は不要
お膳料(1日分) 5千円程度 通夜振る舞いなど一緒に食事をする場合は不要

④四十九日後の香典返しの費用

その他にも世話役へのお礼などがかかるケースもあります。

⑤斎場の使用料

斎場使用料は価格が決まっていますが、人数をコントロールすることで節約ができます。
葬儀を知らせる範囲を考慮しましょう。

斎場の使用料などの目安

項目 目安の金額 備考
公営斎場 5万円~10万円 集会場など無料のところもある
民営斎場 20万円~50万円 施設ごとに金額は異なる
火葬料 0~5万円 地域による
湯灌 10万円 お願いした場合のみ
安置費用 8千円~1万円/泊 自宅以外に安置した場合
返礼品 8百円~5千円/人 即日返しもしくは後返し
搬送費用 1万5千円~3万円/10km 深夜は割増料金
霊柩車 3万円~5万円/10km 車のランクや葬儀の形式による
マイクロバス 3万円~5万円/台 24~29人乗り
貸布団 3千5百円/組 遺族が斎場に泊まる場合に使用
供花・花輪 1万5千円~2万円/基 依頼者が個別に支払う

葬儀の費用をめぐるトラブル

葬儀の費用をめぐるトラブルは、珍しくありません。
なかでも「葬儀社から聞いていた額」と「実際に請求された額」の違いに納得がいかない、という声も多くあります。

葬儀社のホームページや広告では、「葬儀一式50万円」のような表現が強調されていることがあります。
この「一式」という表現が曲者です。
「一式」と聞いて、この「一式」に葬儀の全てがその金額でできると考える人がいても無理はないでしょう。

しかし、この「葬儀一式」に含まれるものは、葬儀社によって違いがあります。
また、棺の値段などもいくつかのランクに分かれています。
さらに、葬儀に必要な費用はそれだけでなく、精進落としなどの飲食費や宗教関係者への謝礼も必要となります。

葬儀について納得のいかないこと

東京都生活文化局「葬儀にかかわる費用調査」(平成13年)より
(複数回答)

予定よりも派手になってしまった 30.9%
費用の追加支出が多くなった 27.2%
何もしない(満足している) 20.6%
希望した日に行えなかった 11.0%
希望の会場で行えなかった 10.3%
価格が不透明だった 8.1%
予定よりも質素になってしまった 6.6%

葬儀費用の考え方

葬儀費用に大きく影響するのは、会葬者の数です。
現在、会葬者の平均的な人数は、親族20~25名+一般会葬者75~80名の合わせて、約100人程度と言われています。
親族や知人、遺族の職場関係者などに広く知らせれば、会葬者は多くなります。
そうなると、それに見合う祭壇も必要になるので、費用はかさみます。
ただし、その分、お香典の額は増えます。

また、家族葬は費用が少なくてすむと思われがちですが、会葬者が50人でも、祭壇や霊柩車の手配をやめるわけではないので、会葬者が100人規模の葬儀の半分の額ということにはなりません。
さらに、お香典の数は少なくなってしまいますので、遺族の負担額は一般的な葬儀と同程度になるのが実情です。

3分でわかる!家族葬とは?家族葬の費用やマナー、参列時の注意点について解説!

なお、香典返しを行うのは、四十九日忌後で、その費用は、いただいたお香典の範囲内でおさまります。
そのため、葬儀時に必要となるお金は、葬儀一式費用+飲食接待費用+寺院への費用と考えると良いでしょう。

葬儀費用や規模を決めた要因

日本消費者協会 平成25年「第10回 葬儀についてのアンケート調査」によると、次のような点から葬儀費用や規模を決めています。

親族の意見 43.8%
遺言および生前の希望 11.5%
葬儀社の助言 9.4%
葬儀の予算枠 6.3%
地域の習慣 4.5%
冠婚葬祭互助会の助言 4.0%
家柄・故人および喪主の社会的地位 3.5%
隣近所の実例 1.9%
町内会・自治会など世話役の助言 1.0%
勤務先の助言 0.0%
その他 5.0%
無回答 9.2%

取り急ぎ葬儀のための用意すべき費用はいくら?

急な葬儀で蓄えがない場合、取り急ぎ用意すべき費用はどのくらいでしょうか?
当座の出費は、地味にすれば40万円程度、少し規模を大きくすれば100万円程度必要になります。

かつて葬儀費用は葬儀の当日現金払いと言われていましたが、葬儀社の支払いについては、請求をうけてから月末あるいは翌月に現金もしくは銀行振込という形式が多くなっています。

葬儀後数日以内に現金払いが必要になるのは、寺院へのお布施です。
一般に20万~80万円と幅がありますが、家庭のじじょうにあわせて精一杯のことをすればよいでしょう。

また、親族の食費、火葬料金などその他のお金を15万~20万円は用意しておくとよいでしょう。

以上から、当座の出費は、地味にすれば40万円程度になりますい、少し規模を大きくすれば100万円程度は必要になります。

葬儀費用が準備できない場合

現在では、葬儀・告別式を行わずに、火葬場でお別れの儀式をするだけの直葬も選択肢の1つとして定番化されつつあります。
しかし、それでも20万円程度の費用は覚悟する必要はあります。

また、予算を抑えられる市民葬や区民葬にするという方法もあります。
一度役所に問い合わせてみるとよいでしょう。

そのほか、申請をすれば支給を受けられる制度もあります。
故人が生前に国民健康保険か後期高齢者医療制度に加入していた場合は葬祭費が、故人が会社員などで健康保険に加入していた場合は埋葬料がそれぞれ支給されます。
葬祭費はおよそ1万~7万円程度、埋葬料は一律5万円程度です。
ただし、いずれも2年以内に申請をしないと支給されないので注意しましょう。

3分でわかる!国民健康保険・健康保険・国民年金からの葬儀費・埋葬費の補助金

故人の預金口座が凍結された場合

葬儀の費用を事前に準備しておければよいですが、故人の口座から引き出す際は凍結されて現金が引き出せなくなるので注意が必要です。

金融機関が故人の死を知ると、口座は凍結されます。
凍結されると出金ができなくなります。
凍結した口座を解除するには、相続人全員の印鑑が必要になるなど、手続きは煩雑で面倒です。
どうしても葬儀費用が必要な場合などは、故人の預金口座が凍結された場合でも、銀行に相談するとお金を引き出せる場合もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。
金融機関に申し出れば、葬儀費用分として、150万円を限度に引き出すことができます。

故人の預貯金を引き出したい場合はどうすればいいの?

公共料金の支払いにも注意

また、電気やガス、水道などといった公共料金の支払いが故人名義になっていた場合なども注意が必要です。
各種支払い関係が故人名義の銀行口座からの引き落としになっていないか確認しましょう。
口座凍結によって、引き落とせなくなってしまうと未払い状態になってしまいます。
そうならないためにも、すみやかに契約者変更や解除の手続きを行いましょう。

【終活】口座凍結など万一のときのお金の不安を解決するために準備すること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする