キリスト教式の献花の作法・やり方のまとめ

献花の作法・やり方

キリスト教式では、カトリックでもプロテスタントでも献花が行われます。
献花は、聖書朗読、聖歌斉唱、神父や牧師の説教のあとに行われ、白い菊やカーネーションを献花台に捧げます。
花を受け取るとき、花を供えるときは片手ではなく、両手で行いましょう。

順番がきたら、花を渡されるので、遺族に一礼して、花の部分が右手側にくるように両手で受け取ります。
右手は下から、左手は上から茎を持ちます。

祭壇、遺影に向かって、一礼します。
献花台の前に進み、一礼してから、右手を手前にひいて、花が手前、根元が祭壇に向くように両手を右回りに回します。

両手のひらを上に向けて、そのまま花をそっと献花台に置きます。
献花台の上に花を置くときは必ず両手です。
花を供えたら、合掌して軽く頭を下げて黙祷した後、深く一礼します
キリスト教徒の場合は黙祷か十字を切ります。
一歩下がって深いお辞儀をします。

キリスト教徒は献花のときに十字を切ることがありますが、一般の人は一礼するだけで構いません。

一歩下がって一礼します。

その後、遺族と神父や牧師に一礼して席に戻ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする