3分でわかる!精進落としとは?精進落としの意味や挨拶、料理について解説

精進落としまとめ

  • 葬儀でお世話になった人たちをねぎらうための席
  • 喪主・遺族が料理やお酒を準備する
  • 席次は僧侶や世話役が上座、喪主・遺族は末座につく
  • 喪主・遺族は一人ひとりに御礼の挨拶をする
  • 会食時間の目安は1~2時間
  • 店に入る場合は遺骨が入る旨をあらかじめ伝えておく

精進落としとは?精進落としの意味

精進落としとは?

精進落しとは、葬儀を終えてから、僧侶や世話役など、葬儀でお世話になった人たちをもてなし、ねぎらうために開く会食のことです。
お斎(おとき)、精進上げとも言います。

精進落としでは、忌中が明けたしるしとして、肉や魚が振る舞われます。

精進落としは、還骨法要の後に行います。

還骨法要(還骨回向・還骨勤行)について知っておこう!

精進落としの意味

もともとは四十九日忌の忌明けに行うもので、この日から肉や魚を使った通常の料理を食べ始めることからきた習わしです。

お通夜の後には、通夜振るまいと呼ばれる食事が会葬者に振る舞われます。

3分でわかる!通夜の食事、通夜振る舞い(通夜ぶるまい)の作法とマナー

通夜振るまいでは、忌中のため、本来は肉や魚などを避けて、精進料理が出されていました。
忌中とは、死者が出た家の人が忌み慎む期間のことです。
その忌中の間は、精進料理を食べて、49日経つと、1つの節目として忌中の法要の後に、精進落としをいただきます。
精進という慎み深い状態から、日常生活に復帰する際に行われるので、肉や魚などを含む通常の食べ物になります。

しかし、通夜ぶるまいの席でも精進料理にこだわらなくなっている現在では、精進落としも供養と葬儀の当日に行うことが多くなっています。

精進落としに招く人

僧侶のほか、日ごろ付き合いのある親族、親しい友人などを招きます。
ただし、地域によっては会社関係、近隣の方なども呼んで、大規模に行う場合もあります。

僧侶が精進落としの席を辞退した場合

精進落としでは、僧侶にも出席してもらい、上座に座ってもらいます。

ただし、僧侶が精進落としの席を辞退した場合には、御車代とともに御膳料を渡します。
御車代は僧侶が精進落としに出席した場合にも渡します。

1分でわかる!御車代・お車代の金額や表書きについて解説

精進落としに招かれたら…

精進落としは、食事をごちそうになる、ということではなく、本来の意味は、その方に縁のあった方たちが思い出話をしたり、故人をしのぶことが目的です。
そのため、「結構です」と遠慮するのではなく、それ自体が故人をしのぶ大事な場なので、なるべく参加しましょう。

精進落としの料理

精進落しは忌明けの食事という意味合いがあり、喪に服している間はタブーだった肉や魚なども解禁になります。
世話役に迷惑をかけないように、料理は仕出し屋などを利用するほうがよいでしょう。
喪主、遺族が料理屋などに席を頼みますが、地域によっては近所の人が集まって料理を作ることもあります。

精進落しの席次

精進落としの席では、僧侶や世話役に上座についてもらい、友人・知人がそれに続きます。
もてなす側の喪家側の人は末座につきます。

陰膳(かげぜん)も忘れずに用意する

陰膳とは、故人のための食事のことです。
一般的に宗派に関わらず、法要の際に、用意することが多いです。
ただし、地域や慣習によっては、必要としない場合もあります。

精進落としの流れ

まずは、会食に入る前に喪主がお世話になった旨の挨拶をします。
その後、近親者が故人に杯を捧げる献杯の音頭をとって会食が始まります。
会食の時間は1~2時間ほどが目安です。

精進落としの挨拶

参列者のねぎらいの挨拶と献杯を行います。
遺族の立場としては、参列者の方や、お葬式のお手伝いをしてくれた方、また、お寺の方への感謝を表す場でもあります。

精進落としの挨拶の例はコチラをご覧ください。

3分でわかる!喪主とは?通夜、葬儀・告別式の喪主の挨拶では何を話す?

献杯とは?

献杯は、お葬式や法要後の会食の席で唱和される挨拶です。
故人を偲びながら敬意を表し、また遺族をなぐさめる意味を持ちます。
特に、誰にお願いするという決まりはないので、故人に近い親戚の中で、年長の方にお願いするとよいでしょう。

精進落としを実施しない場合

精進落としの代わりに、折り詰めなどを渡すこともあります。

精進落としの注意点

精進落としの会食で、お店を利用する際には、あとでトラブルにならないようにあらかじめ遺骨が入る旨を伝えておきましょう。

帰りにもらう塩の意味

お葬式の帰りに小さな袋入りの塩をもらいます。
これは清めの塩と呼ばれます。

塩には不浄を払うチカラがあると考えられています。
家の中に穢れを入れないように塩を使って清めます。
そのため、お葬式の帰りに、家に入る前に塩を身体に振りかけます。

お清めの塩の意味と使い方、やり方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする