1分でわかる!仏壇を処分する方法と費用

最近では、葬儀やお墓に対する考え方が大きく変わっています。

葬儀では、少人数で行う家族葬や、葬儀を行わず火葬する直葬というかたちが増えています。
お墓に関しても、承継を前提としない永代供養墓や、夫婦の実家の墓を1つにまとめる両家墓、さらには墓じまいなどが増えています。

同じようなことが、仏壇に関しても起こっています。

確かに転居などの理由で、仏壇を移転させるということは以前からもよくありましたが、最近では、仏壇を処分したいという悩みも増えています。

仏壇を処分する方法と注意点

それでは、実際に仏壇を処分したいときは、どのようにしたらよいのでしょうか。
仏壇を処分する方法と処分する際に注意すべき点について説明します。

魂抜きの儀式を必ずする

仏壇を処分する場合には、菩提寺などに魂抜き(閉眼供養)の儀式を行ってもらって、焼却してもらうのが一番です。
思いがこもったものを境内で焼くことによって供養するお焚き上げのために、菩提寺が引き取ってくれます。

ただし、最近は野外焼却が禁止されている地域が増えており、環境問題への配慮などから行わない寺院が多くなっています。
処分する場合には、まずは菩提寺に相談してみましょう。

また、仏壇店のなかにも、供養してから焼却してくれるところがあります。
大手仏具店の多くは、仏壇を買い替える際に古い仏壇を引き取ってくれます。
そのようなシステムのある仏具店なら、買い替えのない引き取りだけの場合でも、対応してくれるかもしれませんので、確認する価値はあります。

なお、浄土真宗の場合は、魂抜きと呼ばず、遷仏法要または御移徙(おわたまし)ご移徙(ごいし)などと呼びます。

仏壇を粗大ごみとして捨ててはいけない

仏壇はこれまで本尊や位牌が祀られていた場所なので、一般の粗大ごみとして処理するのは厳禁です。

仏壇を処分する際に確認すべきこと

仏壇を処分する際には、古い仏壇の引き出しに墓地の使用許可証や過去帳などの重要な書類が残っていないか必ず確認しましょう。

仏壇の処分に係る費用

仏壇の処分の料金は、仏壇の大きさや移動距離によって異なります。

メモリアルアートの大野屋のお仏壇のお焚き上げの場合、僧侶による閉眼供養込みで20,000円~60,000円程度です。

メモリアルアートの大野屋のお仏壇のお焚き上げの料金表

高さ 訪問引取 店舗持込 買い替え時の価格
60㎝未満 20,000円(+税) 15,000円(+税) 10,000円(+税)
60㎝以上90㎝未満 30,000円(+税) 25,000円(+税) 15,000円(+税)
90㎝以上120㎝未満 40,000円(+税) 30,000円(+税) 20,000円(+税)
120㎝以上150㎝未満 50,000円(+税) 40,000円(+税) 25,000円(+税)
150㎝以上180㎝未満 60,000円(+税) 50,000円(+税) 30,000円(+税)

仏壇を処分するサービスの紹介(地域別)

仏壇の処分【大阪】

リセット大阪

リセット大阪は、様々な事情により、面倒を見ることができなくなったり、継承することのできなくなった仏壇・仏具・位牌・遺影・仏像・掛け軸・過去帳・神棚・お札・お地蔵様・遺骨などの魂抜き・供養・焚き上げ処分・納骨等、各種仕舞いをしている会社です。

仏壇の大きさによって仏壇の供養処分の料金は異なりますが、魂抜きを含んで、最低35,000円から可能です。

仏壇の処分【福岡】

はせがわ

お仏壇のはせがわで有名なはせがわも仏壇の処分を行っています。
はせがわでは、仏壇をきちんとした形で手厚く供養したいという思いから、お客様にご出席頂き、徳川将軍家菩提寺でもある名刹、浄土宗大本山「増上寺」で供養式を開催しています。

仏壇の処分【名古屋】

クマダ

クマダは名古屋だけでなく、全国対応可能な仏壇処分のサービスを展開していますが、名古屋に工場と店舗のある会社です。
処分にかかる費用は、全国一律で3辺の大きさの合計により料金が決まります。

  • ~150cm:15,000円(税込)
  • ~200cm:20,000円(税込)
  • ~250cm:30,000円(税込)
  • ~300cm:40,000円(税込)
  • ~350cm:55,000円(税込)
  • ~400cm:70,000円(税込)

仏壇を処分したい理由

仏壇を処分したい理由としては、次のような理由が挙げられます。

  • 親が亡くなり、実家の仏壇を引き取らなくてはならないが、置く場所がない
  • 実家を取り壊すことになったので仏壇も処分したい
  • 子どもも孫もいらないので、仏壇を守る人がいないので今のうちに処分したい
  • 施設に入るが仏壇を持ち込めない
  • 高齢になり、大きな仏壇の手入れをするのができなくなった

確かに、これまで郷里にあった大きな仏壇を、都市部のマンションの一室に持ち込むのは難しいでしょう。
しかし、これまでその大きな仏壇を守ってきた先祖代々の気持ちも尊重したいものです。
そのため、一度寺院に相談してみるとよいでしょう。

処分するにあたっても、いままで拝んできた古い仏壇に対して、感謝の念を持ち、きちんと対応するようにしましょう。

仏壇を買い替える場合

1分でわかる!仏壇の買い替えの流れと注意点

仏壇を移動・引っ越しする場合

1分でわかる!仏壇を移動、引っ越しする場合のまとめ

仏壇を合祀する場合

1分でわかる!仏壇の合祀:2つの仏壇を1つにまとめる方法

まとめ

先祖代々、大切に守ってきた仏壇ですので、できれば処分したくないものです。
しかし、仏壇を処分せざるを得なくなった時には、上記の通り、きちんと閉眼供養を行い、感謝の気持ちを持って、対応するようにしましょう。

買い替えの場合には、古い仏壇の閉眼供養と新しく迎える仏壇の開眼供養を行いましょう。

対処方法に迷った時には、寺院や仏壇店に相談して、対応していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする