3分でわかる!枕飾りとは?枕飾りの意味や配置について解説

遺体を安置したら枕元に供物を捧げる枕飾りを作ります。
葬儀スタイルが多様化した現在では、搬送された遺体の安置場所は、自宅とは限りません。
葬儀社の霊安室などになる場合もあります。

枕飾りとは?

安置した遺体の枕元には枕飾りを用意します。

枕飾りとは、白木もしくは白い布をかけた台に、三具足(香炉、燭台、花立て)と仏壇の鈴、コップか湯飲みに入れた水、枕飯、枕団子、線香を並べたもので、供物を捧げる仮祭壇です。
仏式では、白木の台または小机に白布をかけます。
宗派によっては、水や枕飯を使わないこともあります。

香炉には線香を1本、燭台にはろうそくを1本ともし、夜通し火を絶やさないようにします。
花立てには、樒(しきみ)をひと枝か、なければ菊や白百合、水仙を1本供えましょう。
樒は仏に供える枝として昔から用いられてきたものです。

枕飾りは仏式と神式、また宗派や地域によっても差があるので、近親者や葬儀社、僧侶などへ事前に相談して決めるようにします。

また、枕元に逆さ屏風を立てるしきたりもありますが、最近では省略されることがほとんどです。

三具足(香炉・燭台・花立て)

香炉に線香、燭台にのうそくを1本灯し、夜通し絶やさないようにします。
最近は防火上の都合で、ろうそくは灯さずに巻き線香にすることもあります。

鈴・水・枕飯・枕団子

枕飯は一膳飯とも呼ばれ、故人が生前に使っていたお茶碗にご飯をてんこ盛りにして、真ん中に故人が使っていた箸を真っ直ぐに立てます。

枕団子は遺族が上新粉で作りますが、最近では葬儀社の枕飾り一式セットに含まれることも多くなっています。
枕団子は一般的には6個飾りますが、地域によって必要な数が変わる場合があります。

また、浄土真宗では鈴、水、枕飯は飾らないのが一般的です。

枕飾りは葬儀社が用意してくれることも

最近では、枕飾りの小机や三具足などは葬儀セット料金に含まれていることも多く、葬儀社がすべて用意してくれます。
そのため、自分たちで用意する必要はありません。
事前に確認をして、もし用意に時間がかかるときなどは、仏壇の三具足を利用するなど、ある物で対応しましょう。

枕勤め

枕飾りを整えたら、僧侶を呼んで読経をしてもらいます。
これを枕勤めと言い、このお経を枕経と言います。
枕勤めは、故人になって最初に行われる仏事です。

僧侶が枕勤めを行っている間、遺族や近親者は後ろに控えて、ともに故人の冥福を祈ります。
遺族はまだ喪服を着る必要はありませんので、地味な平服にして、結婚指輪以外のアクセサリーははずします。

枕勤めがすむと、戒名を授かります。
そのため、枕勤めの段階でのお経は戒名ではなく、生前の名前で行われます。

ただし、地域の風習や宗派によっては枕経をしない場合があります。
また、最近は枕勤めを省略することもあります。
本来枕経は亡くなった直後に行うものです。
しかし、最近は亡くなる場所が自宅ではなく、病院などの場合がほとんどで、自宅へ遺体を搬送してから行うのが一般的になっています。
さらに、菩提寺が決まっているなど、すぐにでも僧侶を呼ぶことができる環境が整っている家は少なくなっており、枕経は納棺や通夜の直前に行ったり、通夜の読経を枕経としてあわせて省略する場合も増えています。

遺体の安置の仕方

遺体の向き

仏式では、遺体は納棺まで布団に寝かせて安置します。

頭を北、足を南に向ける北枕で寝かせますが、間取りの都合などで難しい場合は、頭を西に向けても構いません。
あるいは、仏壇に頭を向けます。

このとき、布団は上下逆さまにして、胸元に手を組ませて、顔には白布をかけます。
掛布団の上などに守り刀を置く場合もあります。

布団

遺体が温まらないように薄い敷布団や掛布団を使用して、掛布団は上下を逆にします。

数珠

手首にかけるかそばに置きます。

守り刀

魔よけとして、刃先を足側に向けて胸元に置きます。
浄土真宗では使用しません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする