3分でわかる!通夜と葬儀・告別式の出席・参列はどちらかで大丈夫?通夜と葬儀・告別式の違い

通夜と葬儀・告別式の違い

お葬式は、葬儀式告別式で成り立っていて、近年は葬儀式と告別式が同時に行われています。

通夜もあわせてみてみると、それぞれ
通夜 … 故人が親しかった人たちと最後の夜を過ごす場
葬儀式 … 故人が生きている人にお別れをする式
告別式 … 生きている人が故人に別れを告げる場
です。

通夜

  • 故人と過ごす最後の夜
  • 葬儀の前夜に行われる

通夜とは、そもそも葬儀の前の晩に、亡くなった人のそばに遺族などの近親者が一晩中付き添うことで、その間ロウソクの火や線香を絶やさないように過ごしました。

なお、斎場には、近親者が宿泊できる設備が整っているところもあれば、夜間の付き添いができないところもありますので、斎場の規則を事前に確認するようにしましょう。

ただ、お通夜も、夜6~7時頃から2時間程度の半通夜が最近では一般的です。
葬儀・告別式に出席できない方は、通夜のみに出席するという人も増えています。

お通夜の後には、参列した弔問客をもてなす通夜振るまいがあります。
こちらも仏事の1つとして、軽食やお酒とともに、故人の思い出を語り合い供養します。

3分でわかる!通夜の食事、通夜振る舞い(通夜ぶるまい)の作法とマナー

通夜の翌日には、葬儀・告別式が行われます。

葬儀式

  • 故人が主役で、喪主が代理人
  • 本来は告別式と別に行う

告別式

  • 故人に別れを告げる場
  • 大正時代から行われるようになった

葬儀は、宗教的な儀式で、告別式は親しい人との最後の別れを告げる儀式と、本来は別の意味があります。
お坊さんが読経し、故人に引導を渡し、参列者がお焼香をあげます。
その後、出棺して火葬場で火葬して、還骨法要、初七日法要と続きます。
初七日法要は、もともとは亡くなってから7日目に行うものですが、最近では、告別式当日に行うことが多くなりました。

また、お通夜も葬儀・告別式も1日で行う一日葬も増えています。

通夜と葬儀・告別式への参列はどちらかで大丈夫?それとも両方?

参列先は個人との間柄で決めるのが基本です。
親しければ通夜から告別式まですべてに参列するのが礼儀です。
しかし、参列者側で都合がつかないからと通夜のみ、あるいは葬儀・告別式のみに出向くという人が増えています。
告別式に参列できない場合は、お通夜に参列して故人と最後のお別れをします。

冠婚葬という人生の三大礼の意味から考えると、葬儀式を大切にすべきと言えそうで、一般の人は葬儀・告別式に出席するのが本来の形です。
通夜と葬儀・告別式の両日の参列が難しければ、告別式だけ参列するとよいでしょう。

ただし、実際は都合がつきやすいほうでよいでしょう。
実際は、仕事などの都合がつきやすいお通夜に行かれる方が多いようです。

遠方から参列するなら、行ける日時に合わせて行いましょう。

通夜と葬儀・告別式の日程の決まり方

葬儀の日程を決めるには、まず僧侶や葬儀社、火葬場の都合を考えます。
これらに加えて、手続きに必要な時間や遠方から出向く人の到着などを配慮して決定します。

友引を確認します

また友引の日がいつにあたるかも確認します。

友引は、友を死に引くので不吉と言われていますが、実はまったくの迷信です。
お葬式や法事とは無関係なので、日取りを気にする必要はありません。
ただ、友引の日は、葬儀社や火葬場が休業している場合が多く、元日や三が日、友引の日は注意が必要です。

通夜と葬儀・告別式の両方に参列した場合の香典はどうする?

香典は参列時に持参しますが、通夜、葬儀・告別式のすべでに参列する人は、いずれかに持参します。
通夜に香典を出して、葬儀・告別式でも改めて香典を出さなければならないということはありません。

3分でわかる!香典の相場、香典の書き方など知っておきたい香典のマナー

故人との関係によっては参列しなくてもOK

訃報を聞いたものの、故人や遺族と深い付き合いがない場合は、参列する必要はありません。
近くに参列される方がいらっしゃれば香典などを預けるか、香典や弔電、お悔やみの手紙、供花・供物などを送るとよいでしょう。

仮通夜と本通夜はどちらに参列すべき?

死亡時刻によっては、死亡当日は身内だけで仮通夜を行い、その翌日に弔問客を招いた本通夜を行うという場合もあります。

地域による違いもありますが、一般的には、仮通夜と本通夜が営まれる場合には、近親者以外は、本通夜に参列することが多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする