いまどきの葬儀について紹介:家族葬、直葬、リビング葬、一日葬、密葬+お別れの会

最近では、葬家の事情にあったさまざまなメニューが用意されているので、紹介します。

家族葬

家族・親族を中心に行う小さな葬儀です。
一般の儀礼的な会葬を遠慮することが多く、家族がゆっくりお別れができます。

3分でわかる!家族葬とは?家族葬の費用やマナー、参列時の注意点について解説!

直葬

遺体を自宅などで安置した後、葬儀・告別式などを行わず、火葬を行います。
火葬場で僧侶による読経を依頼することもできます。

3分でわかる!直葬とは?直葬にかかる費用などについて解説!

リビング葬

家族葬の一形態で、リビングに遺体を安置して、家族が通夜・葬儀と一緒に過ごし、故人の思い出を語りながら別れを告げます。

リビング葬:ゆっくりお別れできるリビング葬の執り行い方

一日葬

一日葬とは、通夜を省略して1日で葬儀・告別式と火葬を行う葬儀のことです。
一般的な葬儀(一般葬)では、通夜、葬儀・告別式と2日間かけて行います。

喪主や遺族が高齢になり、体力的な負担をかけられない場合などに利用されます。

一日葬は、家族葬の一種となりますが、通夜を行わず、葬儀・告別式を1日で執り行う葬式です。
2日かかる仏事を1日で済ませるので、葬儀費用全般、通夜ぶるまいの負担を軽減することができます。
ただし、菩提寺の意向で一日葬などの簡略した葬儀は認められないことがあるので、事前に了解を得ておく必要はあります。

一日葬に向いているケース

一日葬は、喪主や遺族が高齢で体力的な負担をかけられない場合や、遠方から参列する人のスケジュールの確保が難しい場合などに向いています。
また、遺族としては、直葬にしたいのだが、対面を気にする場合などに、折衷案として用いられることもあります。

一日葬は、参列者に制限はありませんが、親族や個人と縁の深い人などとこぢんまりと行うのが一般的です。

一日葬を行うときのポイント

仏式の場合には、まず菩提寺に相談することが重要です。
本来の儀式を簡略化することになりますので、寺院の了解が必要になります。

もし、生前から一日葬を考えているのなら、あらかじめ寺院に話をして、だれに参列してもらうかを決めておきます。

また、死後24時間は火葬ができないので、遺体を安置する場所の確保が必要となります、
自宅に安置できない場合には、一般的に式場に安置します。
ただ、遺族が遺体に付き添わない場合には、式場や専門業者の霊安室に預けます。

一日葬のメリット

  • 一般葬に比べて、喪主や遺族の肉体的、精神的な負担が少ない
  • 遠方からの参列者が宿泊しなくてもすむ
  • 直葬よりも親族などの理解が得やすい
  • 通夜ぶるまいが不要で、会葬御礼が1日分ですむ

一日葬のデメリット

  • 式場の使用料が前日の準備とあわせて2日分かかるため、思っているほど費用が安くならない
  • 昼間に行う儀式なので、仕事などでスケジュールが合わず、参列できない人がでる
  • 後日、参列できなかった弔問客の対応に追われることがある
  • 慣習にこだわる親族などから批判される可能性がある

一日葬のスケジュール

一般葬

1日目 逝去
2日目 通夜
3日目 葬儀・告別式 ⇒ 火葬

一日葬

1日目 逝去
2日目 安置
3日目 葬儀・告別式 ⇒ 火葬

直葬(火葬式)

1日目 逝去
2日目 安置
3日目 火葬

一日葬のタイムスケジュール・流れの例

11:00 葬儀・告別式

式次第は一般葬の葬儀・告別式と同じで、きちんとした宗教儀式として営まれます

11:45 出棺

出棺の時間は式場からの移動時間によります

12:00 火葬

最後のお別れをしたのちに火葬炉に棺が入れられます

13:00 収骨

参列者全員でお骨を拾い、骨壷に移します

13:30 精進落とし

火葬後に精進落としを行い、収骨する場合もあります

15:00 解散

一日葬の費用、一日葬と一般葬の費用の違い

一般葬にかかる主な費用

寺院にかかる費用

葬儀一式の費用

  • 遺体の搬入(寝台車)
  • 霊柩車
  • 火葬場へのマイクロバス
  • 遺体安置料
  • 祭壇、棺など
  • 式場使用料
  • 火葬料

飲食の費用

  • 通夜ぶるまい
  • 精進落とし

会葬のお礼

  • 通夜の返礼品
  • 葬儀・告別式の返礼品

一日葬で不要になる費用

一般葬と比べて、通夜分の飲食費(通夜ぶるまい)と通夜返礼品が不要になります。
ただし、それだけなので、費用はあまり変わりません。

密葬+お別れの会

身内だけで葬儀・告別式を行い、後日、関係者を招いてホテルなどで本葬を行います。
社葬や著名人の葬儀に多い形態です。

3分でわかる!密葬とお別れ会の準備と進め方

仏式、キリスト教式、神式、無宗教など

日本の葬儀の9割以上は仏式で行われています。
ただ、葬儀の形式には、その他にも、神式、キリスト教式などがあります。

3分でわかる!神道、神式の通夜・葬式の流れやマナー、香典について解説!

3分でわかる!キリスト教の葬儀:葬儀の流れや服装、マナー、献花について解説

また、仏式であっても、宗派によっても内容が異なるため、自分の家がどの宗派なのか、確認が必要です。

その他、無宗教葬、自由葬、家族葬、直葬と呼ばれる形式の葬儀も増えています。

宗教別の葬儀のポイント

形式 依頼先 施行人 式の形式 捧げるもの 式の呼び方
仏式葬 寺院 住職 読経 通夜・告別式
神式葬 神社 神官 祝詞 玉串 通夜祭・葬場祭
キリスト教葬 教会 神父・牧師 祈り 通夜の集い・前夜式

仏式葬

最も一般的に行われている葬儀で自宅を式場としたり、寺や斎場を借りて行います。
菩提寺があれば連絡をして、ない場合は葬儀社などと相談をして僧侶に読経を依頼します。

神式葬

斎主(神官)の行う儀式により魂を清めて、霊璽へ御霊を移して神として祀る葬儀です。
仏式葬と比べると数が少ないのが現状です。
基本的に神社では葬儀は行わずに、自宅または斎場を使います。

キリスト教式葬

キリスト教式は宗派で違いがあります。
葬儀社を含めた聖職者との念入りな打ち合わせが必要です。
教会を式場とするケースや斎場を使うケースがあります。

家族葬と自由葬

さらに、最近では宗教的儀礼を伴わない自由葬(無宗教葬)も増えています。
また、家族葬とは、一般に、家族や少数の身内のみで行う葬儀のことです。

3分でわかる!家族葬とは?家族葬の費用やマナー、参列時の注意点について解説!

家族葬に反対される場合

家族葬は新しいスタイルなので、しきたりを重んじる人や地域によってはなじまないこともあるでしょう。
反対にあったら、個人の遺志ということを伝えて相談するとよいでしょう。

家族葬・自由葬を行う際の留意点

  • 故人の強い意志だったことなどを伝えて、親族などの理解を得ましょう
  • 家族葬や自由葬に対応できる葬祭業者を選びましょう

家族葬の場合

  • 葬儀後または四十九日法要後に挨拶状を送りましょう。
    最近は喪中はがきで知らせる場合もあります。
  • 参列できなかった人たちへの対応も考えておきましょう。

自由葬の場合

  • 進行については葬儀社も交えて入念に検討しましょう。
  • 菩提寺に相談しましょう。
    仏式葬儀でないと納骨できない寺院墓地もあります。

火葬だけを行う直葬という方法もある

直葬(ちょくそう・じきそう)とは?直葬にかかる費用などについて解説!

故人の希望するスタイルを尊重しよう

もちろん、故人が希望するスタイルであれば尊重してあげましょう。
ただし、遺族間でもよく話し合って決めたほうがよいでしょう。

故人と家族の宗教が異なる場合

一般的には、故人の信仰を尊重します。

しかし、仏教とキリスト教など大きく違うときは遺族もどのようにしたらよいかわからず、戸惑うこともあるでしょう
そんな場合には、葬儀社をはじめ、僧侶、新婦、牧師などとよく相談して、わからないことは何でも聞きながら進めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする