1分でわかる!仏壇の横にある鐘『りん(錀)』について

仏壇の横にある鐘は錀(りん)と呼ばれるものです。
は読経の始まりと終わりに鳴らし、開始、終了を知らせます。
また、読経の句読点として途中にも鳴らします。

錀を載せる台を錀台(りんだい)、錀をたたく棒は錀棒(りんぼう)と言います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする