知っておこう!死体を埋葬する手続きと死亡から納骨までの流れ

死体を埋葬する手続き

火葬が終わって骨上げされた遺骨は法律上、焼骨と呼ばれます。

火葬を行うには、火葬許可証が必要で、これは市町村役場が出します。

boseki.hatenablog.com

この許可証がなければ、火葬することはできません。

この火葬許可証は、焼骨の埋蔵、つまり、お墓に骨を納めるときにも必要です。

墓地の管理者は、この許可証がないと埋蔵をさせてはなりません。

火葬場では、焼骨を骨壺に収めて遺族へ渡すとき、火葬許可証を返してくれます。

お骨は家へ置いても構いませんが、いずれは墓や納骨堂へ納めることになります。

これを埋蔵と呼びます。

この際に、火葬や埋葬の許可証が必要となります。

お骨がないとお墓は買えないの?

墓は一周忌を過ぎて造る、という慣習の土地もあるようですが、生前に造っても構いません。

先祖代々の墓であれば生前からある場合も多いですが、新しくお墓を造るとなれば当然、墓地が必要となります。

霊園から墓地の権利である永代使用権を購入することは、本来はいつでもできるはずで、お骨がないと買えないわけではありません。

ただ、公営の霊園は値も安いため、競争が激しく、希望者が多く、霊園によっては、必要が差し迫っている人を優先させる意味で、現在遺骨がある人に限り申し込みを受け付けることにしている場合があります。

東京都営の霊園はその例です。

死亡から納骨までの流れと手続き

①死亡

  • 死亡届の提出
  • 市区町村の役所へ火葬許可証の申請
  • 火葬許可証の交付

②通夜

③告別式

④火葬

  • 火葬許可証を火葬場へ提出
  • 火葬後、火葬許可証に記入押印されて返却=埋葬許可証の交付

boseki.hatenablog.com

⑤納骨

  • 埋葬許可証を墓地の管理事務所に提出
  • 墓地の使用許可証を墓地の管理事務所に提出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする