1分でわかる!日蓮宗の仏壇の配置、飾り方

日蓮宗の仏壇の配置、飾り方は次のようになります。

仏壇の中央に本尊である十界曼荼羅を、また、お題目を中心に、向かって右に多宝如来、左に釈迦如来を安置します。
そして、脇掛けに向かって、左側に鬼子母神、右側に大黒天の掛軸をかけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする