1分でわかる!浄土真宗(本願寺派・真宗大谷派)の仏壇の配置、飾り方

浄土真宗(本願寺派)

浄土真宗(本願寺派)の仏壇の配置、飾り方は次のようになります。

本尊は、阿弥陀如来です。
浄土真宗では、故人の法名は、小さな掛軸状に表装して、仏壇内部の側壁に吊るすか、過去帳に記すようにします。

本尊 阿弥陀如来
脇掛 親鸞聖人・蓮如聖人
花瓶 生花を生ける為の仏具
燭台 蝋燭台
土香炉 浄土真宗では線香を寝かせて焚く
過去帳 亡くなった方の法名や年月日、俗名や続柄を記す
過去帳台 過去帳を乗せる台
仏飯器 ご飯を盛るための器。浄土真宗では日常生活において感謝して盛る
仏器台 仏飯器を置くための台
供笥 盆・彼岸・法事の時に穀物類を供える
リン 読経のときに打つ
打敷 須弥壇や仏前の前卓などに敷き掛ける。浄土真宗では三角形
金灯篭 本尊や仏壇内部を明るくする
隅瓔珞 浄土の飾りを表す
経卓 経本を乗せる机
線香立 線香を差しておくもの
マッチ消 マッチの燃えかす入れ
蝋燭消 蝋が飛び散らないyおうに様に蝋燭の炎に被せて火を消す道具

浄土真宗(大谷派)

浄土真宗(大谷派)の仏壇の配置、飾り方は次のようになります。

本尊は、阿弥陀如来で、その向かって左側に九字名号、右側に十字名号を配置します。
故人の法名は、掛軸に表装して仏壇内部の側壁に吊るすか、過去帳に記します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする