1分でわかる!仏壇の掃除・手入れの方法と仏壇の修理「お洗濯」

仏壇、仏具は、日々の礼拝の対象です。
親戚からの目もありますが、それよりも先祖のためを思って常にきれいにしておきたいものです。

仏壇・仏具の日頃の掃除・手入れ方法と、仏壇の修理を意味するお洗濯について説明します。

仏壇の日頃の掃除・手入れ方法

仏壇や仏具はいつもきれいにしておきましょう。
ほこりをかぶっていたり、供花が枯れているということのないようにしましょう。
日頃からの掃除や手入れを欠かさないようにすべきです。

掃除をするときは、本尊に合掌して礼拝してから行います。

仏壇の手入れ

仏具を取り出して、仏壇全体と内部のほこりやごみを毛ばたきで払います。
塗り部分はやわらかい布でやさしく拭き、汚れがひどい部分は硬く絞ったタオルで拭いたあと、専用ワックスで仕上げます。

本尊や掛け軸

羽根ぼうきや筆先などでほこりを払います。

仏具類

やわらかい布でからぶきします。
もしくは、研磨剤で磨いて綺麗な布で仕上げ拭きします。
仏飯器、茶湯器、花立などガラスや陶器の仏具は、内側、底などを丁寧に洗い、乾いた布で水気を残さないように拭き取りましょう。

金具製品、金具の部分

金属磨き剤を使って光沢を出します。

漆塗りの部分

ガーゼのようなやわらかい布でからぶきします。
硬い布で拭くと傷がつくので注意しましょう。

金箔の部分

毛ばたきでほこりを払います。
手で直接触ると、指紋のあとや汗、脂などがついてしまいます。
薄い手袋をはめて掃除するとよいでしょう。

仏壇の念入りな掃除は時期を決めて

仏壇は、日頃から気をつけてほこりなどを取り除くようにしても、念入りな掃除となると、後回しになりがちです。
故人の命日や、お彼岸、お盆の前、年末など、年に何回か念入りに掃除を行う日を決めておくとよいでしょう。
このとき、傷や壊れているところがないかチェックして、修理が必要な場合は早めに仏壇に相談しましょう。

仏壇の修理「お洗濯」

金箔がはがれてしまったり、漆塗りの部分が割れた、金具が壊れたなど、長い年月のうちには、仏壇にもいろいろなトラブルが起きます。

このような場合、仏具店に依頼すれば修理することができます
仏壇の修理をお洗濯と言います。

お洗濯では、仏壇をほぼ解体して、壊れた部分を修理し、金箔を押し直したり、漆を塗り直すなどして、新品同様に仕上げてくれます。
ただし、料金は同じ仏壇の購入価格の5割~6割程度かかる場合もあるので、お洗濯を依頼する場合には、事前に見積もりを出してもらいましょう。

お洗濯の期間中は、本尊や位牌は寺院に預かってもらうのが最善の方法です。
小さな厨子を用意してそこに安置したり、仏壇のあった場所に安置しておいて構いません。

お洗濯に出すときは、御魂抜きをして、きれいになって戻ってきたときは開眼法要を行ってから安置します。

まとめ

常日頃から、仏壇の掃除、手入れをしてきれいにしておきましょう。
また、定期的に念入りに掃除を時期をもうけて、その機会に、傷や壊れているところがないか、金箔がはがれていないかなどチェックしましょう。
修理が必要になったなら、仏壇のお洗濯を実施しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする